宅配野菜の放射線対策の比較

各宅配野菜サービスの放射線対策は、どうなっているのでしょうか。それぞれを比較しています。
2014年10月16日更新

らでぃっしゅぼーや オイシックス(1) 大地を守る会 パルシステム(2)
検出限界値 概ね1-9Bq/kg(3) 概ね5-10Bq/kg 概ね3Bq/kg 外部検査機関と自社によるサンプル検査
飲料水(国の基準:10Bq/kg) 不検出 10Bq/kg 6Bq/kg 10Bq/kg
乳児用食品(国の基準:50Bq/kg) 不検出 50Bq/kg 6Bq/kg 10Bq/kg
牛乳(国の基準:50Bq/kg) 10Bq/kg 50Bq/kg 10Bq/kg 10Bq/kg
乳製品・米・飲料・飲料茶(国の基準:100Bq/kg) 10Bq/kg 100Bq/kg 10Bq/kg 10Bq/kg
肉・卵・加工食品・魚・野菜・果物・他

(国の基準:100Bq/kg)

50Bq/kg 100Bq/kg 卵6Bq/kg青果、穀類、肉類

20Bq/kg

魚介類50Bq/kg

50Bq/kg
海藻・きのこ類(国の基準:100Bq/kg) 50Bq/kg 100Bq/kg 海藻20Bq/kgきのこ類50Bq/kg 100Bq/kg
特徴 最も厳しい基準値(国の2分の1)を設定。作付前の土壌も検査対象にしている。 乳幼児用商品は高精度検査で不検出のものを出荷している。 項目ごとに細やかな自主基準を設定。検体数は業界トップクラス 自前の機器を導入し検査精度を上げる努力をしている。
>>公式サイト >>公式サイト >>公式サイト >>公式サイト

(1)ベビー&キッズコースは放射性ヨウ素・セシウム不検出
(2)yumyum For Baby&Kids 掲載品は10Bq/kg

私は「らでっしゅぼーや」をとってるのですが、今回も迅速に対応していただいたので満足しています。
らでっしゅぼーやは国の基準の2分の1という厳しい基準を設けており、入荷前、入荷した段階、
入荷後、出荷直前と、5回もの検査を行っています。
オイシックスには、放射性ヨウ素・セシウム不検出の「ベビー&キッズコース」があるので
お子様がいる方におすすめです。
今年(2012年)に入ってパルシステムも随分と頑張ってくれています。
どちらにせよ野菜の安全に敏感な所なので間違いはないです。
ちなみに私は↓です。

⇒らでぃっしゅぼーや公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ