道の駅も宅配サービスをやっている所が多い

道の駅の野菜直売所

道の駅とは道路を安全に利用できる交通環境を整え、地域の活性化を目的に休憩所や地域振興施設が一緒になった道路施設の事を指します。
主に24時間利用可能な駐車場やトイレがあり休憩目的の人や、情報提供機能があるので地域や医療など様々な地域情報を入手するために利用する人が多いです。
他にも利用者が楽しめるイベントなども行っており、中には道の駅へ登録をして農家の人が直接野菜を売っている事もよくあります。
野菜直売所なら新鮮でおいしい野菜が手に入り、しかも値段もお手頃なものがあり早く行かないと売り切れになっている事も多いです。
さらに、野菜直売所の魅力はスーパーではあまり見かけない珍しい野菜を買う事ができます。

個人農家独自で野菜宅配

道の駅で野菜直売所を構えている個人農家の中には、独自で野菜宅配を行っているところもあるのはご存知ですか?
一般の野菜宅配では宅配サービスと生産者である農家と契約を結び、野菜や果物が入荷されると申し込んだ顧客に野菜などが届くシステムとなっています。
一方、個人農家による野菜宅配は直接注文を受けるので、配達の時間ロスを最小限に抑える事が可能です。
つまり採れたての野菜をそのまま直送する事が可能なので、顧客も新鮮で美味しい野菜を受け取る事ができます。
さらに個人農家の野菜宅配のメリットは、顧客と直接交渉が可能な事です。
収穫の関係などで希望日に宅配ができない事もありますが、顧客と直接相談できるので農家と顧客両方が安心して利用する事ができます。
道の駅の野菜直売所では個人農家による野菜宅配を受けている所も増えてきているので、新鮮な野菜を手に入れたいという場合はぜひ利用してみると良いでしょう。

道の駅での野菜直売所のデメリット

新鮮な野菜が直接購入できる事にメリットがある野菜直売所ですが、道の駅は郊外にある事が多いです。
なので、場所によってはそう簡単に見つからないかもしれません。
さらに野菜の種類も限定されたものが多く、購入できる野菜も偏ってしまう事もあります。
多くの野菜を届けてほしいと考える場合は、配達サービスによる野菜宅配が便利でしょう。
ですが、限定された種類を届けてもらいたい場合なら個人農家の野菜宅配がおすすめです。
野菜宅配のサービスは働く人や食バランスを気にする人、買い物が不自由な人にとても便利なサービスで重要性はますます高まっています。
宅配サービスや個人農家の野菜宅配を利用して、新鮮で美味しい野菜を食事に取り入れましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ