ローフードと宅配野菜の相性は?

日本は現在、欧米な食生活が中心となっています。その為、肥満がすすみメタボリック症候群になる人の割合が高くなってきています。

こうした食生活の見直しをする為に、ローフードが今話題になっています。
宅配野菜でもローフードを取り寄せることができるので、普段の食生活に取り入れ健康的な日々を過ごしましょう。

ローフードとは?

ローフードは、生という意味があります。少しでも自然の状態、素材の味を楽しむということを目的にした食事の方法を言います。
ローフードが始まったのが1900年くらいからで脂っこい食生活を改善する為にアメリカでスタートしました。
現在では、オーストラリアやイギリスなど世界中から注目されています。

アメリカが起源と合っていると、日本と全く異なった食生活を送っている為、合わせることができないのでは?と思われがちですが、日本には和食という非常に心強い食べ物があります。
和食の定番となっている、お漬物やお味噌、納豆などはローフードの代表です。

ローフードの効果

食べ物は加熱をすることで、本来持っているビタミンやミネラルを失ってしまいます。
加熱処理をした食べ物は、消化をする為に酵素を利用します。

食べる旅に酵素を失ってしまうと、慢性的な疲労や老化の原因となってしまいますので、できるだけ生のままで食材を取り入れることが大切になります。

更に、酵素をローフードで取り入れることで消化をする為にかかる活動の負担を減らすことができます。
これによって、免疫力や抗酸化作用を高めることができるのでアンチエイジング効果を期待することができます。
日常生活の中に、ローフードを取り入れいつまでも若々しく居続けましょう。

野菜宅配でローフード生活を手に入れよう

スーパーでローフードを購入しようと思うと、なかなか見つけることができません。
ローフードは、生で食べておいしいことが基本となります。
そこでおすすめなのが野菜宅配です。

野菜宅配では、農薬を使わずに栽培をする有機野菜を購入することができます。
野菜宅配業者によって、契約している農家は異なっていますがきちんと契約先を記載しているので、安心して食べることができます。

有機野菜はどれも、甘みがあるのでそのままの状態で食べられるのでおすすめです。
野菜嫌いなお子さんも、野菜宅配を利用した有機野菜であればパクパク食べられるほど高い評価を得ています。
ぜひ、野菜宅配を利用して野菜をたくさん取り入れましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ