野菜宅配にはデメリットはある?

pixta_19677439_S

メリットだけではなくデメリットも

野菜宅配は買い物のわずらわしさから解放され、安全な野菜が食べられるというメリットがあります。
野菜はたくさん買うとかなりの重さになるため、一気に買う事が難しいです。

しかし、宅配ならドライバーから玄関先に配送してもらうために、わざわざ重たい荷物を持つ必要が少なくなります。
また、有機・無農薬野菜であるため化学薬品の摂取を少なく、安全で美味しい野菜を食べる事が可能です。
そんなメリットが多い宅配サービスですが、デメリットも隠されています。

今回は野菜宅配のデメリットをご紹介します。

食材が冷蔵庫に貯まっていく

野菜宅配では野菜を毎日調理し食べる事を前提にしているサービスです。
なので、不定期な料理や外食が多いと野菜を使い切る事が出来ず、冷蔵庫内に貯まって腐らせてしまうケースがあります。
なので、野菜宅配では野菜の管理もしっかり行わないといけません。

また、お届け日を忘れると買い物に行って商品が重複してしまう事があります。
それも野菜を貯蓄させてしまう原因へと繋がります。
しっかり届く日は把握しておく事も利用での注意点です。

配達のペース目安について

多くの野菜宅配サービスでは毎週1回と隔週で2週間に1回のペースと選択する事が可能です。
あまり早いペースだと野菜を使い切るのが難しくなってしまうので、家族の人数に合わせて配達ペースを決めると良いでしょう。

単身や2人暮らしの場合は少量の注文でも消費が難しい事が多いので、隔週でのペースがおすすめです。
3人以上の過程であれば毎週1回のペースが最適です。

どちらにしろ、野菜を上手く消費出来るペースを考えた上で注文する事も大切であり、それが少々デメリットに感じる事もあります。

また、配達時間を指定出来る業者もありますが中には指定出来ない業者もあります。
そうなると配達時間にばらつきがあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

野菜が高いデメリット

有機野菜は土にもともと含まれている栄養によって作物を育てるので、栽培にとても手間がかかります。
そのコストはかなりかかり、流通量も限られるため物価が高く設定されています。
そうなると、スーパーの野菜と比べて割高になっている事が多いです。

しかし、旬の野菜であれば比較的に安く買えるので、旬の野菜が届くセット購入であればお得に購入する事が可能です。

このように、野菜宅配でもデメリットは存在します。
メリットとデメリットを理解した上で利用する事をおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ