ドコモが野菜宅配業者を買収したってほんと?

ドコモが野菜宅配業者を買収したのは本当です

2012年の3月にNTTドコモは「らでぃっしゅぼーや」という有機栽培された野菜及び無添加商品を取り扱っている野菜宅配業者を買収し、子会社化しました。
携帯電話キャリアの最大手とも呼べるドコモが全く関係の無さそうな野菜宅配業者を買収したのはなぜでしょう?
その理由は現在の携帯電話の使い方と深く関係しています。

携帯電話は現在多様化しており、電話だけでなく様々なことが出来るようになりました。
インターネットにつなげてSNSを利用したり、便利なアプリを使ったりと、生活の中で使う場面はとても多くなっています。
生活に密着してきた携帯電話と、生活をする上で欠かせない食品というのは実は親和性がとても高いのです。

そのため、NTTドコモは野菜宅配業者を買収し、子会社化することで有機栽培された野菜を宅配販売し、野菜の費用を収集する際に携帯電話の利用料金をまとめて支払うことが出来るようにしたのです。

らでぃっしゅぼーやの特徴

そんな携帯電話キャリア大手のドコモの子会社となったらでぃっしゅぼーやとはどのような野菜宅配業者なのでしょう?

らでぃっしゅぼーやは野菜宅配業者とありますが、実は肉や魚、その他の加工品なども取り扱っています。
新鮮で美味しいことはもちろん、有機・低農薬で作られた野菜、無添加の惣菜や加工品などといった食材に対して強いこだわりを持っています。

プランやコースも多岐にわたり、好きな量を選択することが出来ます。
例えば、らでぃっしゅクラブというプランは野菜や肉・魚・卵・無添加加工食品などの詰め合わせセットで、商品の中身を自分なりにカスタマイズすることも出来るという便利なプランです。
キャベツがまだ残っているからキャベツではなく違う野菜にする、というようなことも可能となります。

ドコモの子会社となり、ドコモの通信料と一緒に支払うことでドコモのポイントがその分加算されるようになります。
ポイントが溜められてお得に美味しい野菜・食材を購入することが出来ます。
ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ