個人農家が野菜宅配をするメリットとは?

pixta_21597740_S

現在、子育て環境や多忙な生活など様々な理由で食材宅配サービスを利用する方は増えてきています。
その宅配サービスを行う企業もたくさんありますが、個人農家でも野菜宅配を個人営業として行っている事はご存じですか?
今回は個人農家での野菜宅配のメリットをご紹介します。

新鮮な野菜を提供出来る

宅配サービスでは生産者と契約を結び、作物の入荷が完了すると顧客に届くシステムが一般的です。
ですが、個人農家での宅配は直接注文を受けるので、時間のロスを最小限に抑える事が出来ます。
なので新鮮な野菜を直送する事が可能なので、美味しい野菜を届ける事が可能なのです。

また、配達日も顧客と直接交渉が可能なため、収穫の関係等で希望日に届けられない場合にも相談が可能なので顧客も生産者も安心して交渉が行えるところにメリットがあります。

規格外商品の交渉

個人農家が宅配サービスを行うと、顧客との信頼も高まり親しくなる事が多くなります。
そうなると、市場には出せない規格外商品も顧客との直接交渉で値を決めて安く販売する事も可能です。
他にもセット内容とは異なり、おまけとして付ける事でもサプライズとして顧客が喜び顧客満足にも繋がります。
そこから顧客からの口コミが広がり、利用者も増えていく可能性が高まるのです。

野菜の出荷で生計を立てている農家も多いので、値段を自分で決める事や交渉によって利幅が取れるところもメリットだと言えるでしょう。

顧客取得で効率よく安定した営業が可能

農業では顧客の数によって出荷量が決まってきます。
なので、売れている農家は種を蒔く段階から顧客がいる事が多く、効率よく野菜栽培を繰り返しています。
なので、顧客が増えるほど出荷量の目処がつき、無駄なく効率よく栽培が可能です。
また契約した市場での評価より、顧客から直接評価を聞く事も出来ます。

励ましの声などを聞くとモチベーションアップに繋がり、何より生産者にとって最も嬉しい事です。
他にも、今後はどの野菜がほしいかなど市場調査にもなり、栽培の幅を拡大させる事も出来ます。
そして、顧客が増えれば定期的に個人営業も安定して行えるメリットがあります。

このように、個人農家での野菜配達は生産者と顧客共に良いメリットがあります。
個人営業では様々な工夫を施さないと成功には難しいですが、顧客を得る事で多くの方に野菜を提供出来て利益にも繋げる事が可能です。
また、新鮮な野菜が食べたい方は個人宅配での野菜宅配を利用してみるのおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ