野菜はやっぱり旬のものがいい

pixta_18684695_S

野菜は旬が一番体に良く、おいしいと言われています。
年間を通じ、野菜が店頭に売られていますが、なぜ旬の野菜がいいのか疑問に思っている方も多いはずです。
旬の野菜がいい理由について紹介をします。

栄養価値が高い時に収穫をしている

旬の野菜は、成長するのに適した環境でのびのびと育っている為、一番いい時期です。
最高の時期に収穫をするのですから、味はもちろんのこと栄養分も豊富に含まれています。

冬の代表的な旬野菜に、ほうれん草があります。
ほうれん草は、冬の間低い温度の中でじっくりと光合成をおこなっています。
このゆっくり時間をかけて水分を保ちながら育つ冬のほうれん草は、栄養価値がとみずみずしさが最高です。
一方、夏になると太陽の日差しに直接あたってしまうので、水分がどんどんなくなってしまいます。
これによって、水分はもちろんのこと栄養分も少なくなってしまうので、夏のほうれん草が味が薄くなってしまいます。
旬の時期に食べることで、野菜本来の栄養分や味を楽しむことができます。

自然と食べたくなってしまう野菜ばかり

生活をしていると、その季節によって「食べたい食材」を自然と意識してしまいます。
例えば、春先になると山菜などを食べたくなります。

実は食べたくなるというのは、実際にからだが欲しがっている状態なのです。
冬の間、じっくりと土の中で眠りながら育った山菜は、胃腸の働きを活発にしてくれ働きを持っています。
逆に夏になると、脂っこい食べ物よりもさっぱり系のものを欲しがります。
特にくだものや夏野菜は、体を冷やす効果があり、これらを食べることで食欲低下を防ぐことができます。
このように、人間の体というのは旬の野菜に反応してしまうのです。

旬の野菜は季節を満喫できる大切な食べ物

旬の野菜は、栄養価値が高いメリットがありますが、他にも季節の食材を楽しむこともできます。
「春だから山菜が食べたい」ではなく「山菜を食べると春を感じる」といった旬の野菜を食べることで、その季節を楽しむことができます。

日本には、春、夏、秋、冬とそれぞれの季節で旬の野菜が異なっています。

その時期で旬の野菜を食べることによって、一年を楽しく過ごすことができるのです。

最近では、栽培の技術が高くなってきたこともあり時季外れでも色々な野菜を食べることができます。
「この野菜の旬はいつか?」と疑問に思ってしまうこともありますが、ぜひ旬の野菜をもう一度確認をして年間を通じ旬な野菜を満喫しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ