そもそも有機野菜ってどんな野菜なの?

pixta_21961802_S

有機野菜とは

有機野菜とは農林水産省が制定した有機JAS規格に当てはまる作り方をした、もしくは登録認定機関が認めた野菜のことを言います。
私達が有機野菜をスーパーなどで選ぶ場合、有機野菜であることを認定された野菜にだけ表示することが出来る、有機JAS認定マークがパッケージなどに付いています。

また、有機JAS認定された野菜のみ、有機野菜と呼ぶことが出来るので、有機野菜、有機栽培、有機農産物、オーガニックなどと宣伝されているものに関しては有機野菜となります。

有機野菜と認定されるためには?

有機野菜に認定されるためには様々な条件をクリアしていなくてはなりません。

まず、種まきもしくは植え付けを行う2年以上前から畑の土に有機JAS規格で禁止されている農薬や化学肥料を使っていないことが挙げられ、さらに育てている最中の禁止農薬・化学肥料を使わないことも条件となります。
さらに使う肥料や農薬は科学物質を使っていない、天然物質に由来するもののみを使うことが条件となります。

他にも、畑や施設、用具などから農薬や化学肥料の混入がされていないこと、遺伝子組み換えを使っていないこと、病害虫を防ぐために農薬ばかりを使わないことなどが挙げられます。
これらの厳しい条件をクリアしなければ有機野菜として認められないのです。

厳しい条件をクリアした有機野菜が届く、有機野菜宅配

有機野菜宅配はそんな厳しい条件をクリアした有機野菜を届けてくれる、便利な宅配サービスです。
宅配サービスであればわざわざスーパーで買って重い荷物を持って帰ることもありません。
しかも近年では有機であることだけでなく、放射能検査も行われており、より安心・安全な野菜を手に入れることが出来るのです。

有機野菜を新鮮な状態で食べたい、子供もいるので安全な野菜を選びたいという方には最適なサービスと言えるでしょう。
毎日食べるものだからこそ、こだわりを持った有機野菜にしてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ