ナチュラルハーモニー~自然栽培の野菜は一味違う

nhama農業にはいろいろな選択肢があります。
安定して一定の品質の商品を生産するにはやはり化学肥料や農薬は欠かせません。
それに対して効率よりも品質、安全性を意識した有機農法では農薬や化学肥料を使いません。
もちろんその分だけ手間はかかりますし、そのコストは当然小売価格に反映されます。
また、農薬を使わないのですから虫食いの商品の割合は増えますし、形も不揃いになることが多いです。
こういった農家の意向をそれぞれの消費者が判断して自分にあった野菜を選んでいくわけです。
多少安全性に疑問があっても安いほうがいいという人もいれば何があっても安全第一という人もいるでしょう。
それは個人の価値観の問題であっていずれが正しくていずれが間違っているというわけではありません。

有機農法よりもさらに厳しい基準で作物を作る「自然栽培」とは?

そんな中で有機農法よりもさらに厳しい基準で作物を作る「自然栽培」という方法があります。
これは無農薬はもちろん、一切の肥料を使わないという徹底したものです。
この農法で栽培した野菜を宅配してくれるサービスを行っているのががナチュラルハーモニーです。

自然栽培の概念は過剰な肥料や農薬は野菜本来の生命力を低下させて品質を落としてしまうというものです。
考えて見れば自然に生えている木々や草花は肥料などを与えられなくてもいきいきと成長しています。
トマトの栽培でも極限まで水と肥料を制限しておいしいトマトを作るという製法が知られています。
自然栽培はそういった厳しい条件をクリアしながら永続的な栽培サイクルを実現しようと試みるものなのです。
もちろんその分効率は悪くなりますし、コストもかさみます。
ナチュラルハーモニーでも会員制をとっていますし、基本的に商品はセット販売のみで個人の希望や好みは反映されません。
値段も市場に出回っている商品よりは割高ですが、その分野菜本来の味と絶対的な安全性が手に入るのです。
野菜の宅配の域を超えて、哲学、もしくはライフスタイルといってもいいナチュラルハーモニーの経営理念ですが、食の安全性が厳しく問われている現在、賛同する方も多いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ